家にいる害獣を退治しましょう│イタチの生態と被害

生態と受ける被害

住宅

イタチは可愛い見た目ですが、人に様々な被害をもたらす害獣といわれています。害獣とはその名前の通りの生物で、ヒグマやイノシシだけでなくタヌキやキツネなどの可愛い動物も含まれているのです。これらの動物は見つけ次第すぐに退治することをおすすめします。イタチは家の中に侵入して、屋根裏や床下に住み着いてしまいます。住み着くことで、動き周って騒音による被害がでる可能性も低くありません。イタチは夜行性なので、多くの人が眠る時間帯に活発に動き回ります。これが原因で寝ることができないという人もたくさんいるでしょう。騒音だけでなく、柱を爪で引っ掻くという習性を持っていて、そのまま放置してしまうと家がボロボロになってしまいます。天井裏に住み着いた場合は、少しずつですが天井が歪んでいってしまう原因になり、これが悪化してしまうと、天井の一部に穴が空いたり、天井そのものが落ちてきたりするかもしれません。多くの被害があるので、本格的に住み着いてしまう前に、速やかに退治してください。騒音や家屋の被害以外に、悪臭がするという被害もあります。家屋の中で排泄を行なうため、悪臭の原因となるのです。また、イタチは排泄と同時にマーキングをするという習性を持っていて、それもプラスされてより悪臭がするのです。悪臭の原因は排泄物だけでなく、エサの腐った臭いもあります。この生物は外で獲得したエサを、家屋に持ち込んでそこで食べるので、死臭が充満し、ハエが大量に発生するという事態にも繋がるでしょう。こういった被害が原因で、体調を崩して病気になるという例もあります。そうなる前に個人で退治するか、イタチ退治の業者に依頼するなどの対策を行なってください。