家にいる害獣を退治しましょう│イタチの生態と被害

生態と受ける被害

住宅

イタチが家の中に住み着いてしまうと、悪臭や騒音だけでなく感染症などの病気になるかもしれませんので、早めに退治しましょう。住み着いてもすぐに退治すれば重大な被害にあうことはありません。

もっと知ろう

退治する手段

男性作業員

イタチを退治する方法はたくさんありますので、その中から最も効率のいい方法を選んで試してみてください。退治するために必要な道具は販売もされているので、簡単に入手できます。

もっと知ろう

イタチの種類と特徴

鼬

イタチを退治するためには、イタチの生態について調べないといけません。この生物は非常に学習能力が高い生物なので、中途半端な方法では退治することはできません。また、生態を知っておけば同じような被害を防ぐことができるはずでしょう。日本で多く見かけるイタチは、ニホンイタチとチョウセンイタチの二種類です。その中でも都市部で多いのは後者です。この生物は日本に元々生息していない外来種ですが、ハブやネズミを退治するために海外から持ち込まれた種類といわれています。それがどんどん数を増やして人に害を与えているのです。この生物の特徴は、身体は細長く短足で胴体が長いという見た目をしていて長い尾を持っています。身体の色は褐色と山吹色が混じっていて顔は黒くなっています。エサは肉食性の雑食でネズミや鳥、魚やエビだけでなくリンゴなどの果物や昆虫も食べるのです。イタチは基本的に単独で生活し、子供もメスだけで育てるという特徴があります。一度家の中に侵入するとそこに住み着いてしまい、自然に家から出ていくことはありません。それだけでなく、外で捕まえた動物を家の中に持ち込んでしまい、それを家の中で食べるため変な匂いがしてハエが大量に発生するという被害が出てしまうこともあります。また、非常に凶暴で爪で引っ掻いたり、噛み付いてきたりしますので退治する時は注意が必要です。これらの特徴を頭に入れて退治する方法を決めるといいでしょう。

業者に相談しよう

女性作業員

イタチによる被害に悩まされている人は、迷わずすぐに業者に相談してみてください。業者なら退治に必要な道具も持っていますし、多くの問題を解決してきたという実績があるので確実に退治することができるでしょう。

もっと知ろう